文芸

裏庭探偵クラブ(1)密室で消えた父をさがせ!

ccf2bf3e.jpg
裏庭探偵クラブ(1)密室で消えた父をさがせ!

裏庭探偵クラブ(1)密室で消えた父をさがせ!
KADOKAWA/角川書店
行方不明の父をさがすため、少年は仲間2人と探偵クラブを立ち上げる。人間並みの知能をもった昆虫たちが相棒となり、調査を続けるうち、少年たちは、世界征服をねらう邪悪な存在に気づいてしまう!




用心棒血戦記上州 密殺旅

e603a1d6.jpg
用心棒血戦記上州密殺旅

用心棒血戦記上州密殺旅
徳間書店
溜池沿いで松坂藩士が斬り殺された。下手人も同じ藩士で手練の業だ。数日後、江戸屋敷から藩士四人が密書を携えて国もと上野(こうずけ)国にむけて旅立った。松坂藩では改革派と門閥派が国を二分する争いを繰り広げていた。幕府隠密の葵十三郎は廻国修行の兵法者・神林弥五郎とともに四人と同道する。一刀流免許皆伝の十三郎と、真気流槍術の遣い手・神林が獅子奮迅の活躍!長篇時代剣戟。




横浜1963

1a924bfa.jpg
横浜1963

横浜1963
コルク
歴史小説家・伊東潤の新境地、社会派ミステリー『横浜1963』戦後とは何だったのか。その答えは1963年の、日本と米国が混在する街横浜にあった。東京オリンピック開催を来年に控え、明るい未来を夢見る日本。だが、米国との見えない壁が未だに存在していた。戦後昭和の横浜から、日本の影に焦点を当て、今日へも続く日米関係の始まりの構造を描く。物語は、長崎・佐世保と横浜の2つの殺人事件から始まる。遺体の腹は、いずれもネイビーナイフで切り裂かれていた。米兵による犯行の可能性が漂い、事件に深入りしたくないと及び腰になる神奈川県警は、「白人にしか見えないハーフの日本人」外事課のソニー沢田に捜査の任務を与える。次第に捜査にのめり込んでいくソニーは、米軍の協力を仰ぎ、日系アメリカ人SPショーン坂口と出会う。運命とも言える出会いを果たした2人が、日米の壁を乗り越え、事件の真相に迫っていく。待ち受ける結末に、2人は、そして1963年に誘われたあなたは、何を見つけ、何を思うのか・・・




たった、それだけ

ceaae3a3.jpg
たった、それだけ

たった、それだけ
双葉社
海外営業部長、望月正幸は、贈賄行為に携わっていた。それに気づいた浮気相手の夏目は、告発するとともに「逃げて」と正幸に懇願する。結果、行方をくらました正幸の妻、娘、姉……残された者たちのその後は。正幸とはどんな人間だったのか、なぜ逃げなければならなかったのか。『誰かが足りない』の著者が、人間の弱さと強さに迫る連作短編集。




tag:離婚時代(8),芥真木,ひびきゆうぞう,マンガ,電子書籍

840413e3.jpg



独身
[初出]「スバル」1910(明治43)年1月[文字遣い種別]新字新仮名




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ